白糸の滝、音止めの滝、仙娥滝

2016年3月20日 河口湖から朝一番に「白糸の滝」へ。天気は曇り。朝方に少し雨が降ったようです。日差しがなく肌寒い朝になりました。白糸の滝と富士山のツーショットは今回お預けとなりました。数年ぶりの白糸に滝でしたが、遊歩道が綺麗になっていました。滝見台も修復されて見やすくなっており広くなっていましたね。コレは良いですね。それとは正反対で音止めの滝の周りの手すりが老朽化で近寄れなくなっていました。写真撮影の脚台が設置されていましたが。 siraitonotaki_D75_8237 siraitonotaki_D75_8247

「音止めの滝」

otodomenotaki_D75_8279

この後は再び河口湖へ戻るも富士山は雲の中でした。そして、今度は北へ走って昇仙峡にある「仙娥滝」(滝百選)を訪ねることにしました。仙娥滝も数年ぶりの再訪です。昇仙峡の一番上まで車で行き、お土産物屋さんの駐車場に車を止めさせて頂き、徒歩5分ほど階段を下れば、瀑音が聞こえてきます。赤茶けた岩盤の間から流れ落ちるダイナミックな滝は素晴らしい眺めです。sengataki_D75_8295 sengataki_D75_8302 senngataki_D75_8289

那智の滝

2016年2月28日 もう何年前に来たのだろう。滝巡りを始めた頃は、最初に出かけたかった滝でした。以前は高速道路も殆どなく、大変時間をかけて来たように思い出します。今回は高速道路が対面通行ですが串本の近くまで伸びていて、大阪から250kmですが約3時間半で到着しました。4年前の水害で瓦礫の山になった滝壺だったようですが、今は綺麗に元通りになっていました。滝の中でも最も美形に入るのではないでしょうか。日光の華厳の滝も凄かったですが、荘厳なる趣は那智の滝に軍配でしょうか。

natinotaki_D75_7229 natinotaki_D75_7242natinotaki_D75_7310 natinotaki_D75_7268natinotaki_D75_7291滝の全貌を見るには那智山に登り、三重の宝塔越しに見る景色も素晴らしいですよ。この三重の塔に登ると正面に滝の全貌が現れます。入館料は300円です。natinotaki_D75_7331

海シルビアシジミ

2015年9月19日 第2回目の石川県能登半島遠征です。前回のシルビアは海を隔てる障害物があり、どうしても海の背景はありえませんでした。新たな情報を頂き、今週は海辺間近のポイントへやってきました。天候は少し荒れ気味で雨が降ったり、日が差したり、曇ったりと紛らわしい天気でした。朝方は天気が怪しかったので観光地へ寄ってみました。ここは輪島市ドラマの撮影地。そうですNHK朝ドラ「まれ」の舞台です。ひなびた漁港は雰囲気がいいですね。ドラマに登場する民宿「おけさく」もありました。 noto_D75_1996noto_D75_1978シルビアのポイントに到着。食草のミヤコグサが、まだまだ黄色い花をたくさん咲かせていました。日差しが少なく、風もあってシルビアは飛んでいません。下草を良く探すと下草にしがみついていました。かなり擦れたオスもいましたが。まだまだ新鮮個体も見受けられました。noto_silvia_D75_2149noto_silvia_D75_2012noto_silvia_D75_2033このブルーはメスの低温期型でしょうか。日が差すと一斉に開翅してくれましたが風が強くて撮影困難。今回のテーマ「海シルビア」の海が背景に入る写真は地面に貼り付かないと無理なようです。悪戦苦闘しますが広角レンズを持っていないので絞り値を上げますが、どうも背景がぼけ過ぎてしまいます。まあ今回はこんな物でしょうか私の力量程度の写真でした。noto_silvia_D75_2047 noto_silvia_D75_2165noto_silvia_D75_2027 noto_silvia_D75_2035能登半島のおまけの写真は「男女滝」(なめたき)です。上部のふた筋に流れ落ちる、向かって左側が女滝だそうです。noto_nametaki_D75_2217 noto_nametaki_D75_2241