関西のギフチョウ

2017年4月8日 毎年この季節になるとギフチョウを求めて走り回っていますが、身近な関西方面では今まで自然発生のギフチョウにお目にかかっておりません。同じ蝶撮影の友人からお誘いをして頂き、ギフチョウ観察会に同行させていただきました。地元ではギフチョウの保護活動をして生息環境を守って頂いております。今年はまだ発生の報告がなく、まして天候も不安定な日でしたが私たちの観察会一行が現地に到着すると程なく何処からか1頭のギフチョウが現れました。その存在をアピールするかの様にみんなの前に止まったのです。(証拠写真)

里山での吸蜜はツツジの花でした。雨上がりの濡れたツツジに体を突っ込んで居ました。周りでは今年初見のミヤマセセリも見ることができました。ツマキチョウも飛んで居ましたが、あいにく止まらずす通りされてしまいました。 これからも里山の保全とギフチョウ保護活動に陰ながら応援しております。ありがとうございました。