タテハチョウ科

タテハチョウ科

2017年7月17日 「乗鞍高原ペンション・ポエティカル」は私たちがよく利用させていただく人気の宿です。にごり湯の源泉掛け流しの温泉と美味しい料理が自慢の宿です。宿の前にはスモモの木があって、いつもオオミスジが飛び交っています。乗鞍高原全体にもスモモの木は沢山あります。今日もペンションの玄関でオオミスジが花壇お花に来ていました。時折、山の斜面からジョウザンが飛び降りて来る事もありました。夏の ...

タテハチョウ科

タテハチョウ科

2017年7月22日 アイノの撮影を切り上げて急いで上高地にやって来ました。ビジターセンターの周りを隈無く探すもオオイチの姿はありません。こおろぎ橋の付近は観光客で溢れかえっていました。日本語以外の言葉が飛び交っている様です。スマホで橋の上から岳沢を撮影。私たち3人は明神橋目指して歩き出しました。片道3.4kmですがゆっくり歩いて明神までやって来ましたが、ここでもオオイチの姿はありません。お ...

シジミチョウ科

シジミチョウ科

2017年7月22日 先週は2頭のアイノを目撃したポイントへ今週は友人と撮影するために現地待ち合わせをしました。その前に早朝のジョウザンポイントをのぞいて見ました。先週より卍飛翔の数も多く最盛期の様です。少しスレ個体も出始めていますが数は多い。相変わらず長い時間の卍飛翔をやっていました。 8時過ぎに友人からの電話でアイノのポイントではすでに飛び始めているという事でポイントに急ぐ事に。アイノ ...

シジミチョウ科

シジミチョウ科

2017年7月17日 今年は各遠征地でゴイシシジミをよく見かけます。発生の当たり年なのでしょうか。今朝もジョウザンを撮影している場所の足元でチラチラ飛んでいる新鮮な個体のゴイシシジミが数頭いたので撮影しました。「可愛い」という表現が当てはまるシジミチョウですね。 ゴイシシジミは個体によって大きさが倍以上異なる場合があります。この場所では中間サイズでしょうか、ゼフより一回り小さいですね。 ...

シジミチョウ科

シジミチョウ科

2017年7月17日 三連休最終日。この時期に三日間雨に降られづに済んだのは幸運でしょうか。昨晩少し雨が降った様で地面が濡れて居ました。何時ものジョウザンのポイントに早朝行ってみました。ポイントの入り口ではすでにジョウザンがテリ張りをして居て卍飛翔がみられます。ジョウザンの卍飛翔時間が長く3分くらい卍飛翔を続ける事が多い様です。この日はポイント一箇所に数頭のジョウザンが見られる程度で、まだ数 ...

タテハチョウ科

タテハチョウ科

2017年7月16日 ムモンアカが無事撮影できたので次は高原のヒメヒカゲが発生したという情報で早速移動する事にしました。標高1600mの高原に高山植物が咲き乱れる山頂付近に発生地があります。天気は曇りで日差しがなく丁度良い状況です。早速発生地の草原に入ると次々ヒメヒカゲが飛び出しました。目撃できた個体は全て♂で♀はまだ見発生かもしれません。個体の鮮度も良く曇り空のおかげでよく止まってくれて撮 ...

シジミチョウ科

シジミチョウ科

2017年7月16日 三連休二日目です。宿の朝食を早々に済ませてムモンアカシジミのポイントへ出かけました。昨年も同じ時期に見ているので今年も発生初期の個体が観れるだろうとポイントへやって来ました。発生木周辺の梢を叩いて行きますが全く何も飛び出しません。フライングかと諦めかけた時に私の後ろへヒラヒラと赤いシジミが一頭飛んで来ました「ムモンアカシジミ」です。そーっと近づいてシャッターを押しました ...

タテハチョウ科

タテハチョウ科

2017年7月15日 私にはあまり撮影した機会が殆ど無かったチョウです。今日は結構沢山シャッターを切りました。アサマシジミを探しに行った場所で、アサマは飛んで居なかったのですがツマジロジャノメが目の前に現れたので思わぬ珍客に皆んなで真剣に撮影しました。結構長い間花から花へ吸蜜してモデルになってくれました。♀のツマジロジャノメですね。

シロチョウ科

シロチョウ科

2017年7月15日 ミヤマシロチョウに続き高山チョウのミヤマモンキチョウです。もっとも標高が高い位置にあるとして有名な湿原にミヤマモンキチョウがいます。多様な高山植物が咲き乱れる湿原の一角に食草の「クロマメノキ」があります。その周りに沢山のモンキチョウ(普通種)と混じって準絶滅危惧種のミヤマモンキチョウが飛んでいました。普通のモンキチョウとよく似ていますが翅の周りのピンクの縁取りがなんとも ...

シロチョウ科

シロチョウ科

2017年7月15日 この三連休の湯の丸高原ではリフトが動いてました。ここでリフトに乗るのは初めてです。往復800円でリフトで楽チンで高原まで登りました。 高原の奥まで進むとカメラマンの方が大勢いました。すでにミヤマシロチョウは飛び出していました。しばらくすると花に吸蜜するチャンスがやって来ました。数頭のミヤマシロチョウが右から左から飛んで来ては高山植物の花に止まります。ミヤマシロチョウは数 ...

タテハチョウ科

タテハチョウ科

2017年7月15日 やっと関東の友人と合流出来ました。林道脇の花にはコヒョウモンに混じってコヒョウモンモドキが吸蜜していました。前回は別も場所でも撮影したコヒョウモンモドキが、今回また湯の丸高原で出会えるとは嬉しいですね。私の車にも何回も止まって、さかんに何かを吸っている様でした。車についた虫の死骸の様ですね。 皆んなでワイワイ撮影していると一人の方がウラジャノメが居る!と叫びました。 ...

シジミチョウ科

シジミチョウ科

2017年7月15日 今週は3連休。天候とにらめっこしても如何にもなりませんので遠征です。今週の一箇所目は湯の丸高原と、その周辺での蝶探索です。朝は林道のゼフを狙いますが、アイノミドリシジミの一箇所目はどうも近くに降りて来ず、手こずりました。これはアイノか?ジョウザンか?てな感じですね。友人が別の場所でゼフを叩いているという事で移動。その途中で「浅間の煙さん」と出会った場所がアイノのテリ張り ...

シジミチョウ科

シジミチョウ科

2017年7月9日 上諏訪温泉で一泊して今朝は友人と待ち合わせてアサマシジミを探しに出かけました。この場所は標高1400mくらいです。少しスレた♂1、翅欠けの♂1、結構綺麗な♂1を見つけました。♀3はまだどれも綺麗でした。最後に交尾個体も見つかりました。7月はじめ頃からすでに発生していた様です。昨年は発生が早く、この時期にはすでに♂は写真を撮れない状態で♀だけ撮って帰りました。この日は朝早く ...

シジミチョウ科

シジミチョウ科

2017年7月8日 メスアカと同じ場所での撮影です。エゾはどうしても高い場所に留まってテリ張りする傾向がある様です。逆にメスアカは木の下の方でテリ張りします。角度的には撮りづらい高い位置で開翅するエゾでした。しかし、マリンブルーの翅表は美しく、前回のハヤシミドリシジミに似た色合いに見えました。この場所では2〜3頭が入れ替わって飛び回っています。この場所は結構至近距離で撮影ができるので楽しい場 ...