ミヤマシロチョウ

日本では本州中部亜高山帯の、標高1,400~2,000mの範囲のみに分布し、生息地は北アルプス、八ヶ岳、浅間山系などに限られ、局地的である。生息地の開発などによる環境の変化、植樹の衰退などで個体数を急激に減らしており、生息地でもごく限られた区域で見られるのみで、絶滅が危惧されている。生息ポイントではこの1頭のみ発見して撮影できました。時期が悪いのかポイントが間違っていたかもしれません。しかし貴重な蝶を撮影できて良かったです。絶滅危惧II類(VU)

photo03 (4)photo02 (3)photo01 (3)photo04 (4)