ハヤシミドリシジミ(青森市)

これも青森市のポイントです。夕方はハヤシの最も多い時間帯。今年もたくさん出てくれました。中には少し色気の多い♂もいましたが。ゼフの判別は大変わかりずらく、間違いがあるかもしれません。成虫は、年に1回、6月中旬から7月中旬に発生する。卵で越冬する。ゼフィルスの仲間はブナ科を広範囲に食べるが、本種はほぼカシワしか食べない。食樹の制約から分布は内陸になるが、山地性、高所性はあまり示さない。占有飛翔は早朝と夕方の2回行われる。

DSC_0444 DSC_0466 DSC_0529 DSC_0562

兵庫県北部のカシワ林に住むハヤシミドリシジミ♀

DSC_5563 DSC_5571 DSC_5581