ウラナミアカシジミ

秋田県の滝百選を撮影に行く途中の林道でたくさんのウラナミを発見して撮影しました。探してもなかなか見つからない種類です。成虫は初夏のみ発生の年1化。夏に生まれた卵がそのまま越冬して翌年の春にやっと孵化しその年に発生、と、アカシジミとほとんど同じ生活史をとる。雑木林に多く、発生地を離れようとする傾向があまりない。食樹はコナラ、クヌギなど。木炭を利用していた時代は雑木林でも植林などがされており若い樹が多かったため、新芽を好んで食す本種が大発生していた。
開発、雑木林の減少などでこの種もめっきり少なくなった。

photo06 (2) photo04 (1)DSC_0298 photo05 (2)

 

これは愛知県の湿原で撮影です↓

photo02 (1)