ミドリシジミ

結構いろんな場所で見られます。大抵はハンノキの木があればミドリシジミがいる場合が多い。成虫は、年1回だけ6月-7月に発生する。雄は樹頂でテリトリーを張り、域内に入ってきた他者を追い払う。普段は食樹付近を飛び発生地から離れることはあまりないが、クリの花などに吸蜜に来ることもある。幼虫の食樹はカバノキ科のハンノキ、ヤマハンノキ、ミヤマハンノキなど。卵はハンノキの幹や枝に産み付けられ、そのまま越冬する。翌春孵化した幼虫は、新芽の中に入り込んで若葉を食べ、大きくなると葉を巻いて中に隠れる。葉が硬くなる前の時期には蛹になる。幼虫の飼育は比較的容易である。ハンノキは湿地に生える木で、田の畦などによく植えられた。そのため、かつては水田地帯でミドリシジミが多く見られた。

photo19 photo09 photo12 (1) photo13 photo18

 

これが一般的な♀O型でしょうか。

photo17

 

ミドリシジミ♀AB型 青森県青森市 AB型は初見。

photo16 photo15 photo14