スギタニルリシジミ

青森市での撮影です。メタリックなグレーの翅で、地面に着地すると全く見えなくなる。春4、5月のみの発生。食樹はトチノキ科のトチノキ。近縁種ルリシジミより色が濃く、食樹の制約からやや山地性である。年1化のみで、蛹で越冬する。成虫はオオイヌノフグリ、カタクリなどの花に訪れる。数匹が鳥糞に群がってミネラルを補給する姿もしばしば見られる。

<不完全羽化>

DSC_1589 DSC_1607 DSC_1650 DSC_1699IMG_0606