ヒメシジミ

一般的なヒメシジミ亜科(ブルー)のシジミチョウで、翅裏は灰色地、後翅外周に沿ってオレンジ色の帯が入る。ミヤマシジミやアサマシジミと似ており、とくにミヤマシジミとは長らく混同されていた。オレンジ帯の中にある黒斑にはミヤマでは水色の構造色があるが、本種では見られない。年一化性で、成虫は6~8月にかけて見られる。越冬態は卵である。食草の根元近くの枯れ葉などに1つずつ産みつけられる。食草はアザミ類・ヨモギ・ヤマボクチ(キク科)、オオイタドリ(タデ科)など。食草があればどこでも生息しているというわけではなく、山地性が強いことに加え環境がよくないと見られない。実際開発により多くの地域で絶滅し、現在は環境省指定準絶滅危惧種となっている。国内では北海道・本州の山地高原(西日本では中国山地のみ)

乗鞍高原

DSC_0014 DSC_0099 DSC_0119

青森市の撮影です。黄色のミヤコグサの花がよく似合いました。

DSC_1039 DSC_1082 DSC_1084 SONY DSC SONY DSC