サツマシジミ

ルリシジミの仲間で、翅裏は明灰色の地に黒斑を散らす。ルリよりは一回りほど大きい。また前翅表に青色光沢があるが、その中央部にデルタ状の白色部があるなど近縁種との識別はたやすい。幼虫の食草はサンゴジュ・ハクサンボク・ガマズミ(スイカズラ科)・バクチノキ(バラ科)・クロキ(ハイノキ科)。季節ごとに親蝶の産卵植物が異なる。幼虫はつぼみや新芽を食べるので、その付近に産卵する。成虫は年4~6回ほど発生し蛹で越冬(南西部では越冬態不定)。冬以外はほぼいつでも見られる。花によく来るほか、湿地帯ではときに吸水集団をつくる。この個体は四国室戸岬周辺での撮影です。アサギマダラを追いかけていましたが、偶然ルリシジミにしては大きいので撮りました。調べてサツマと判別しました。11月の室戸はまだ暖かかったのですが、さすがに蝶が飛ぶほどではなかったのですが。

DSC_4755 DSC_4771 DSC_4783

 

室戸スカイラインからの眺めは絶景でした。

 

 

 

IMG_1025