イシガケチョウ

和名通りの石崖・石垣模様を持ち、ひらひらと紙切れが舞うように飛ぶ。クリソバなどの花にも来るが、吸水のために濡れた地面に降りる姿がよく観察される。とまるときはほとんど常に翅を開く。 多化性で、成虫は越冬を終えた春から発生を繰り返し、秋遅くまで見られる。食樹はクワ科のイヌビワ・イチジク・オオイタビなど。卵は葉や芽に1つずつ産みつけられる。温暖化により北上している蝶のひとつでもあり、国内では年々分布域を広げている。確実に土着しているのは紀伊半島以南・四国・九州・南西諸島。渓谷沿いの照葉樹林や疎林に多く、平野部ではほとんどいない。写真の撮影地は屋久島、鹿児島、沖ノ島、そして東大阪生駒山系。

DSC_3549 DSC_3563 DSC_3891 DSC_4073DSC_1115DSC_2438