クモマツマキチョウ

2013年6月5日

高山蝶で希少種のクモマツマキチョウは図鑑やブログで見た事がありす。昨今のブログでは5月初旬よりクモツキ(省略形)の撮影情報がアップされだしました。GW明けには私たちは白馬でイエローバンドを追いかけていました。そして次はクモツキを!と決意。生息ポイント情報も皆様方よりご提供いただき、あとは出陣の日を待つのみでした。高速道路の集中工事終わった5月末に長野県遠征。生息地ポイントに到着すれど、天候不順で曇りのち雨。全く蝶は見かけずあえなく退散となりました。この間にもクモツキの生息地は次第に高地へ移動しているようです。標高1000mから、次第に変化があるようです。そして翌週にリベンジを決意し6月初旬、天候も晴天。420kmを走って生息地到着。2か所のポイントを確認し、ピンポイントで教えていただいたスミレの多い川筋のスポットへ。そこで出会ったのが安曇野のヒメギフ撮影で出会った「蝶のブログ」のazumasaさん。1時間ほど待ってクモツキのご出勤時間が過ぎても現れません。そこで昨日も撮影されたというチョウ愛好家が集まるスポットへ移動することに。そこには6名くらいの方がすでに8時から撮影に成功されていました。「ココはいる」と確信してazumasaさんと絶対に吸蜜に止まるスミレの前で待機。蝶談義を始めるとしばらくして、ふと足元のスミレにクモツキがやってきました。焦りました。二人で慌てて連射!近づきすぎて望遠ズームの最短距離より近くなってピントが合わない。2~3のスミレにチョンチョン吸蜜して沢筋の上へ飛んでいきました。しかし再度必ず戻ってくると言うことをお聞きして待ちます。30分ほどで上から戻ってきました。今度は少し離れて300㎜ズームで連射。これを2往復ほどしてくれました。この日は2~3頭もオスが午前中出現して飛び回りました。お昼までに何とか初めてのクモツキ撮影に成果を出しました。そして帰り道でなんとメスのクモツキにも出会い、産卵シーンを撮影。教えて頂いた卵の写真もゲットして安曇野公園に向かいました。オオルリはかなり摩れていましたね。いや~、楽しいクモツキ撮影会でした。本日、ご一緒させていただいた皆様、ありがとうございました。情報をご提供していただきました皆様、それに本日撮影に成功したスポットへご案内頂きましたazumasaさん。本当にありがとうございました。お疲れ様です。

DSC_3504DSC_3446DSC_3485DSC_3443DSC_3447DSC_3535DSC_3541DSC_3391

 

ポチッとオレンジ色の卵がハタザオの花の下に横からくっ付いています。

DSC_3361SONY DSC