ヒメキマダラヒカゲ

この年は初めて上高地に一泊して蝶散策しました。主にブナ科が多く、下草が篠地となっている山地樹林に生息する。サトキマダラヒカゲ・ヤマキマダラヒカゲによく似るが、地色は明るく、翅裏の模様は複雑でなく、蛇の目紋は少ない。また翅の外縁は直線的で、前翅先端はややとがる。食草の生える薄暗い林内だけではなく林の周辺にも現れ、各種の花を積極的に訪れる。越冬態は3~4齢の幼虫。幼虫の食草はタケ科のスズタケ・チシマザサなど。卵は葉の裏に並べて産卵される。成虫は5月ごろ羽化し、その個体が9月終わりまで見られる。通常年一化性だが、暖地では稀に2回発生することもある。

DSC_2178 DSC_2388 DSC_2453DSC_1451 DSC_1468 DSC_1471SONY DSC