ヒサマツミドリシジミ(兵庫県)

2013年6月25日 憧れのゼフィルスとして名高い「ヒサマツミドリシジミ」のスポット兵庫県北部へ来ました。ゼフの中では翅表の色がグリーンメタリック。他のゼフがブルーメタリックに対してヒサマツは濃いグリーンに輝きます。翅裏もV字カットのラインが特徴です。今日の天候は生憎の曇り空で時折薄い雲を通して明るくなります。午前11時過ぎに空が明るくなった時、1頭目が姿を現しました。素早い飛び方で私の眼には止まりませんでした、目の前の葉先にテリ張り水平ポーズで止まりました。ヒサマツは同じ場所でテリを張るジョウザンの様では無く、遠くから飛んできて静止。また遠くへ飛んで行く、これを繰り返しているようです。この日の午前中は30分で3頭出現しました。しかし、ここのスポットはヒサマツの有名な場所で採集者が10人以上、カメラマンが私を含めて2人という環境でした。私が3度撮影したヒサマツも全て蝶採り名人の網の中に入りました。また、私が撮影できた場所を教えて頂いたのも蝶採り名人Uさんがヒサマツが飛んできて止まる場所までピタリと言い当てた場所でした。それ故に私も撮影が可能となったわけです。素晴らしい蝶採り名人でした。

最初に出現したヒサマツです。

DSC_4243

 

2回目は何とかV字型で静止してくれました。

DSC_4262

 

3度目は少し遠い位置。

DSC_4250

 

全て3頭とも蝶採り名人の手の中へ!

DSC_4247

 

初めてのヒサマツ撮影でしたが、先週別の山で出会ったときは卍姿のみで、撮影は叶いませんでした。飛ぶ場所はいつも決まって同じ場所に現れる習性も面白いですが、確実ではないようです。もう少しじっくり撮影できるチャンスが有れば良かったのですが、今年最初にして3カットの撮影が出来たことで良しとしましょう。