クロシジミ(兵庫県北部)

2013年7月10日 きょうは兵庫県北部の高原にやってきました。目的は「クロシジミ」絶滅危惧IB類(EN)(環境省レッドリスト)です。クロオオアリに育てられると言う、アリと蝶の共生生活をする代表選手です。食草では探せないので生息地情報が唯一です。早朝に現地に到着。今日も灼熱の真夏日になりそうです。6時ですでに26度。高原の頂上目指して登り始めます。途中のクヌギ林を叩きながらゆっくり上ります。ウラギンヒョウモンが多くシジミ系はいないようです。林を抜けると見晴らしの良い草原に出ました。すでに大汗でビッショリですが、草原を吹く風は気持ちが良いですね。さて、広い草原ですがゆっくり下草を叩きながら探してゆくと黒い影が飛び上がりました。いました!クロシジミです。初めて見ますが写真では前日に予習して頭に入れて有りますので直ぐに判りましたが、想像した以上に大きく見えました。ヤマトシジミくらいの大きさを想像していましたがムラサキシジミくらいの大きさでしょうか。朝早くなのであまり遠くへ飛び去ることなく撮影できました。この1頭が飛び去った後、すぐに近くでもう一頭、また一頭と飛び始めました。結構朝方に飛び回ってくれてありがたいです。この一帯には花はほとんど見当たらずススキの葉に止まる絵が殆どになりました。夢中で写していると汗が滝のように流れています。しかし、この蝶も初めて見るチョウで興奮度は100%でした。午前7時、まずは本日第1目標達成です。次は第2目標のスポットへ移動します。

DSC_5250 DSC_5263 DSC_5276 DSC_5287 DSC_5298 DSC_5314 DSC_5332

 

これはかなり灰白色が目立つ個体です。

DSC_5360