ウスイロヒョウモンモドキ(兵庫県北部)

2013年7月10日 北日本ではコヒョウモンモドキがブログを賑やかしている今日この頃ですが、西日本ではウスイロヒョウモンモドキ(環境省レッドリストで絶滅危惧1類)。本日第2目標です。兵庫県北部では「ウスイロヒョウモンモドキを守る会」の方々が保全活動を行っておられるそうです。現地到着が8時30分。ここはもう少し標高の高い高原です。冬は有名なスキー場として賑わいます。車を止めて見渡すとヒョウモン?が沢山飛び回っています。「?これかな?」初めて見るチョウは先ず大きさが実感できていないので直ぐに特定不可能。ましてやこのヒョウモン蝶はずっと飛び続けて止まりません。しかし、こんなに沢山飛び回っているのは多分違うのでウラギンヒョウモンあたりかもしれません。と言う事でポイント情報としては尾根筋で多く撮影されているようなので急な坂道を大汗かいて登り始めます。すぐ横がスキー場のリフトです。この時期は営業していないので歩くしかありません。しかし、全くそれらしい蝶が飛んでいません。尾根筋手前まで来て半ばあきらめムードに。と、その時私の足元に小さな蛾のような茶色の蝶がチラチラ飛んできました。よく見ると写真で見たウスイロヒョウモンモドキの模様をした翅が見えました。「これだ!」めっちゃ小さいです。こんなに小さいとは思っていませんでした。慌ててファインダーを覗くと翅欠け個体。え~発生してもうそんな時間がたったのだろうか?しかし飛んでる個体が少ない。時間的な問題でしょうか?現在時間は9時5分。ギラギラ太陽が照る付ける時間です。暑いです。そしてもう少し頂上付近まで歩いたが、その後は見かけません。あきらめて山を下り始めました。少し下ったらまた足元で飛びました。今度は少し綺麗な個体でした。落ち着きのないチョウでチョロチョロ飛び回ります。少し撮影できたと思ったら飛び去ってしまいました。その後下山するまで次の1頭が現れませんでした。午後に再度捜索するには今日はあまりの暑さで体力が続きません。今回はこの写真で引き揚げることにしました。

DSC_5388 DSC_5390 DSC_5436 DSC_5454 DSC_5466