ミヤマモンキチョウ

1,800m以上の稜線を軽やかに飛び、平地に住むモンキチョウよりもひと回り小さく、なによりも翅の縁を彩るピンクのフリルがかわいらしい。そんなミヤマモンキチョウを昨年は時期が遅く新鮮個体を撮っていなかったので今年は時期を合わせて行ってきました。しかし今回も天候不順で朝方現地に到着した時には小雨で霧がかかっていました。ミヤマシロチョウを先にと思い湯ノ丸高原へ。しかし天気が今ひとつでシロチョウは全く飛ばず。下山して池の平湿原のミヤマモンキチョウの方へ移動。この頃少し青空も見え始めました。湿原奥のポイントへ到着時には3名ほどのカメラマンがすでに撮影されてました。この日は湯の丸高原も池の平湿原も埼玉県下の小学生がわんさか!撮影も木道をすれ違うのが大変!そんな中、日が差すと一斉に飛び出してきます。どれも新鮮個体が多く、♀が多かったようです。今日はNEX-5の魚眼レンズで広角撮影もしてみました。

SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC

D7100+VR70~300

DSC_7235 DSC_7339 DSC_7387 DSC_7394 DSC_7434 DSC_7489