オオゴマシジミ(長野県)

昨年、偶然見つけたオオゴマシジミ。調べると有名な産地でした。今年は時期を合わしての遠征です。大阪を夜中に出発し現地到着早朝6時。先着のネットマンが2組。挨拶をしてポイントを散策し始めてすぐにクマに遭遇。子熊のようでしたが怖いので奥へは行かないで林道入り口付近で探索。日が昇って来るとクガイソウに止まったオオゴマをカーコさんが見つけました。他のネットマンが来ないうちにジックリ撮影できました6時40分です。関東から来られた若い採集者はカメバヒキオコシの生い茂る斜面を登ってゆき10頭以上採取したようです。それからは採集者がドンドン増えて13人。カメラは2組。平日でこれですから先週の土日辺りはどんな感じだったんでしょうか?満員御礼ですね。しかしオオゴマもドンドン羽化しているようで採集者の方は新鮮個体が多い!と喜んでましたが。しかし昨年よりは少ないと口をそろえてボヤイテいました。それは毎年ドンドン採るのも原因では???

DSC_8030 DSC_7913 DSC_7857 DSC_7845 DSC_7740 DSC_7681

上の写真は♀のようです。看板に止まった↓は♂かも知れません。

DSC_7865

朝のうちは吸蜜しているオオゴマに接近してもあまり遠くへ逃げませんでした。魚眼で撮影。↓

DSC07414 DSC07433

 

オオゴマのお山は人だかり。

DSC07395