ウラナミジャノメ(愛知県)

今日は愛知県のMさんにご一緒頂きウラナミジャノメのポイントに出かけました。ウラナミジャノメは年2回6月と9月に発生します。愛知県では今が旬!ジャノメチョウは全般に「訪花性は少ない」蝶ですが、なんと今日であったウラナミジャノメさん?は花が大好きなようでした。Mさんにご案内いただきポイントは町はずれの細い道をどんどん入って行って突き当りの道が無い所まで突き進んでいきました。周りには背丈の低い笹薮が広がっていました。今日の天気は曇り時々晴れ。気温も高く蒸し暑い日でした。空を見上げるとドンヨリした雲があり少し雨の心配もありましたが、何とか私たちの日頃の行いで雨は降りませんでした。Mさんはウラナミジャノメが黄色い女郎花の花に止まった写真を撮りたいと話しておられたのですが、そんなに幸運な場面が撮れれば万々歳!とおしゃべりしてましたら妻のカーコさんが第一ウラナミジャノメを発見しました。発生間もないような綺麗な個体でしたが、笹の葉の上から飛び出すと近くのピンクの花に止まって吸蜜しているのです。なんとラッキーでしょうか。黄色い女郎花では無かったのですが訪花性の少ないと言われているジャノメの吸蜜シーンが撮れました。ピンクの花の名前が判らないのですが暫くこの花を行ったり来たりで随分長い時間モデルになってくれました。※ピンクの花はユリ科の「ルツボ」の花だそうです。

_DSC0387 _DSC0461 _DSC0476 _DSC0489

絶滅危惧II類に指定されているウラナミジャノメですが、ここ愛知県のポイントでは沢山のウラナミジャノメが生息しているようです。比較的小型の可愛い蝶に見えます。ウラナミ模様が大変綺麗でした。同じくココにはヒメウラジャノメも生息していました。西日本だけに生息しています。

_DSC0137 _DSC0280 _DSC0283 _DSC0294ひとしきり撮影して次なる目標は「コムラサキ黒色型」(クロコムラサキ)です。