カバマダラ(南国土佐)

_DSC1849 _DSC1851

今日も天気がいいですね。2013/09/25  さすがに南国と言われるだけあって、いたる所にハイビスカスの真っ赤な花が咲き乱れていました。遠くには土佐湾をはさんで足摺岬が見えます。ここはマダマダ夏真っ盛りです。そんな南国に似合うチョウが室戸市に生息?していました。それが「カバマダラ」です。東海地方で以前フウセントウワタの畑で大発生したというニュースを見た事がありますが、四国でも大発生では無いのですが生息していました。生息ピンポイントは分りませんので昨日ルーミスの場所で出会った蝶屋さんに住所を教えてもらいました。昨日はホテルに帰り途中、その場所と思われる処を車でゆっくり走ってみましたが、全く見かけることが出来ませんでした。ブログを再度カーコさんがチェックし写真を拡大し場所のヒントを探しました。ブロック塀のある民家で撮影されています。吸蜜している花の名前は分りませんがその花を探すこともヒントでした。そして今日再度探しに行ってみました。車でゆっくり走っているとカーコさんが「見つけた。いたよー!」車から降りてみると目の前を飛んでゆきました。「あれはツマグロヒョウモンだよ」とダンナが言うとカーコさんは「絶対違う!」「カバマダラだ!」と言う事で。この地点から重点的に捜索開始。そしてその場所から100mほど先に写真で見た花の前でおじさんがじっと見ているものがありました。おじさんはすぐに立ち去りましたが、その場所へ行くと「いました!」確かにブログの写真で見たカバマダラでした。花の周りには4頭ほど飛び廻っていました。しかしフウセントウワタ(ガガイモ科)は発見できませんでした。オレンジ色がいかにも南国を感じる綺麗なチョウが撮れました。

DSC_1862 DSC_1886 DSC_1928 DSC_1940 DSC_2007

この日の気温は29度。照りつける日差しはまだまだ真夏でした。こんな場所でヒラヒラ舞っていました。

DSC_2011

 

カバマダラの食草「フウセントウワタ」を豊橋の植物園で初めて見ましたので貼っておきます。

DSC_2352