石垣島の蝶

11月に入り次第に蝶の数も減り、めっきり秋が進んできた今日この頃です。以前より「石垣島」は他の蝶ブログの方の写真を見て憧れていました。しかし、関空からピーチが直行便で格安に石垣島まで行けることになりました。大阪関西空港からわずか3時間余りで南国石垣島に到着です。座席が少し狭いとか、機内サービスがすべて有料とか安いだけの理由が色々有りますが、それでも今回関空→石垣島は一人片道約7千円と私にとってはありがたい価格です。これを利用しない手はありません。なにしろ蝶の楽園「石垣島」はチョウ愛好家にとっては聖地だからです。

DSC_4139 IMG_1882

憧れの石垣島に到着です。そうそうレンタカーで島内を走り蝶を探します。気温は25度で汗ばむほどです。明日は蝶の案内人をお願いしていますが、今日は自分たちで探してみます。新石垣島空港も開講し、立派な空港に降り立ち(写真は関空)川平湾のブルーの海を見に行きました。途中の道路沿いに蝶の姿がチラチラ見え始めます。ハイビスカスの鮮やかな花が街路樹にも沢山有りますが、チョウが吸蜜している場所はセンダングサが多かったですね。それでは今日出会った石垣島のチョウ達をご紹介しましょう。

DSC_4651 DSC_4713 DSC_4725

憧れのツマベニチョウです。以前カーコさんの故郷、屋久島では飛んでいる姿は見れども一度も止らず撮影できませんでしたが、今日も沢山飛んでいるのは見かけますが飛んでいるばかりです。大きいのでよく目立ちます。しかしチャンスは2度ありました。展望台入口のサンダンカの花に吸蜜しているツマベニチョウ♂を派遣して、すぐ車を止めて追いかけましたが敏感に飛び去られましたが、またすぐに吸蜜に戻ってきました。ドキドキしました。2度目も走行中の沿道にあるハイビスカスに止まるツマベニチョウ発見です。しかし何か違う模様!そうです♀のツマベニチョウでした。一番取りたかったハイビスカスとツマベニチョウ。カタクリにギフチョウ以来の興奮でしたね。吸蜜する時間が短く、翅を静止しないので撮影はワンチャンスですね。構図どころではありませんでした。このあとツマベニチョウが静止する場面はありませんでした。

DSC_4529

今日、いたる所で見かけるのがスジグロカバマダラでした。本当に数が多かったですね。それにかなり近づいても逃げないので撮りやすいチョウでした。前回見たカバマダラより黒い筋が特徴的なスジグロカバマダラですが、逆に普通のカバマダラは見かけませんでした。

DSC_4568 DSC_4617

ウスキシロチョウだと思われます。低温期の♂と下は高温期の♂のようですが?同じ場所で飛んでいました。飛ぶと翅表の中央部分に少し濃い黄色が見えました。黒い縁が無かったので両方とも♂。

DSC_4203

普通のコミスジと思いましたが、ここは石垣島。そうですリュウキュウミスジのようですね。

DSC_4289

これもヒメジャノメと思いきや、いやいや、ここは石垣島。リュウキュウヒメジャノメですね。そして図鑑で見た記憶が目の前に出てきました。「イワサキタテハモドキ」鮮やかな茶色はビロードのようにきらめいていました。

DSC_4466 DSC_4496

まだまだ短時間で出会った蝶が居ますが、今晩はもう寝ます。今日は3時起だったので眠いです。おやすみなさい。蝶の夢を見そうです。