石垣島のチョウ(リュウキュウムラサキ)

DSC_4633 DSC_4635

展望台から見ても緑と青の世界です。石垣市の人口は、平成22年国勢調査で46,922人。そして年間5000千人の移住者が有るそうですが、しかし1年で4000人が諦めて帰ってしまうそうです。南の島へ憧れて移住してきた人たちも現実の生活は甘くは無かったようです。

DSC_5453

3日間でカメラのシャッター数は、なんと2479でした。整理を始めましたが連射で枚数が多く、なかなか気に入った写真は少なかったですね(-_-;) 【リュウキュウムラサキ♂】は2頭しか出会わなかったので写真枚数も少なかったのです。目線より下に止まってくれたのはこの一回限りでした。飛んでいるときはブルーの斑紋がチラチラみえてよく判りますが飛ぶスピードも速く追いかけきれません。しかしチョウ道があり、同じところをクルクル回って飛ぶようです。翅表はメスアカムラサキによく似ていましたが翅裏が全く異なりました。

DSC_5441 DSC_5472

リュウキュウムラサキが現れる前に道の真ん中に黄色い物体が沢山見えました。ミナミキチョウの集団吸水でした。タテハの吸水を見れたらと考えてましたが集団吸水に出会ったのはこれ一回きりでした。しかし。これだけの数の同一のチョウが集まるのを見るのも生まれて初めてでした。一歩一歩、そ~と近づき一枚撮り、また一歩近づき一枚撮る。ドキドキの瞬間でした。

DSC_5371

 

石垣島の蝶は つづく。