オオシロモンセセリ

2013/11/06 今回の石垣島では蝶の案内人(「yaeyamaてふてふ」の熊谷さん)にお願いしました。あらかじめ見たい蝶のリストを渡してありました。時期的に発生していない蝶もあったり、殆んど居なくなったチョウもありました。「オオシロモンセセリ」は食草の周りでこの時期でも見られるという事で探してみることにしました。ショウガ科の植物「ゲットウ」の葉を幼虫が食べるそうで、サトウキビ畑や造園用のヤシの木がある畑の周りに植えられていました。ゲットウは既に花の時期も終わり香りのする実がなっていました。葉はまだまだ青々としています。最初のポイントではゲットウの葉を丸めて巣を作っている幼虫を熊谷さんが見つけました。(ダンナは幼虫は苦手なので、もちろん写真は撮りませんでした)しかし、成虫の姿はありません。次のゲットウがあるポイントに移動して探してみたのですが、なかなか成虫は見つかりません。最後にもう一か所移動して探すことに、しかしオオシロモンセセリは現れてくれません。そんなとき、やはりカーコさんの蝶探しの感がさえて1頭芋の葉の上に静止するオオシロモンセセリを発見してくれました。「やった~!」ダンナは連射を4発発射しました。が、すぐに飛ばれてしまい見失ってしまいました。これが証拠写真となりました。

DSC_5848

道路の片側にゲットウが植えられていて、その反対側の芋の葉に止まっていたんですね。私たちはゲットウの葉に止まっているものとばかり想像して、ゲットウの葉の上を探し回っていたのです。熊谷さんもカーコさんの見つけたオオシロモンセセリを見てホッとしていました。小高い丘のサトウキビ畑にゲットウの葉が青々と風に揺れている。そんな美しい環境でオオシロモンセセリが生息していました。

DSC_5816 DSC_5818