シロオビヒカゲ(西表島)

2014年3月12日 石垣島から上原港へ高速船で今日は移動しました。生憎小雨が降り出しました。西表島の浦内川をボートで上流へマングローブの林を見ながら昇ってゆきました。そこから30分のトレッキングで、大きなシダ(ヒカゲヘゴ)や日本一大きなドングリのなるオキナワウラジロガシを見ながらマリュードの滝(沖縄県の日本の滝百選)で滝撮影。滝巡りを始めて94か所目の滝百選を制覇しました。その上流のカンピレーの滝で昼食。港に戻ってピナイサーラの滝を遠望。さて、ここからはチョウ散策です。シロオビヒカゲのポイントへやって来ました。リュウキュウアサギマダラが飛び回り、オオゴマダラも沢山飛び交う不思議な場所です。小雨が降る中、少し雨が止んだのは私たちの運でしょうか。蝶案内人の目の前にシロオビヒカゲの♂が姿を現しました。止まった場所を確認して近づきますが、すぐにはその姿を確認できないほど木の色に擬態した色柄が素晴らしいです。そ~と近づくと全く逃げようとはしませんでした。思う存分撮影。その後すぐに♀のシロオビヒカゲが出現し、これも首尾よく撮影完了。この日の最大のプレゼントをもらった感じです。

DSC_0722DSC_0542

 

初めて見るシロオビヒカゲに感動。小路の両側にはリュウキュウチク(食草)が生い茂るポイントで通常は夕刻に活動を始めますが、この日は天候も悪く活動時間が早くなったようです。メスは白帯ラインが太いですね。PM2:44~3:02