ホソオチョウ(京都府産)

2014年4月30日 今週の休日は最悪の天候となってしましました。当初の予定でホテルを予約していたので前日の早朝出発しましたが北上するにつれて雨が断続的に降ったり止んだりの状況。天候だけはどうしようもなくお手上げです。予定通りチャマの下見。ヒメギフの下見を終えましたが現地確認のみでチョウは1頭も見かけません。こんな日は早々にチェックインして温泉でのんびりと言うことになりました。翌朝も雨は止まづ、帰路に。近畿まで帰ってくると雨もやみ、日差しも少し見え始めました。と言う事で手ぶらでは帰れません。京都に差し掛かった時には空も明るくなって来たので木津川の堤防へホソオチョウを見に寄ってみました。木津川では堤防にウマノスズクサがまばらにあって、以前幼虫の確認まで出来ましたが成虫の時期と外れた様で木津川では撮影できてませんでした。オスを撮影したのは揖斐川で一度撮影していましたがメスを撮影できていませんでした。今日もダメ元で来てみましたが、しばらく堤防を歩いてオアスジ、モンシロチョウ、モンキチョウ、ヒョウモン、ベニシジミなどが飛び廻っていました。半ばあきらめかけた時、明らかに飛び方の違うアゲハのような蝶を発見。ホソオチョウの♀でした。まだ翅も傷んでいないので撮らせていただきました。図鑑で見るよりは尾状突起の長さが少し短いように思います。切れてはいない様なのですが、京都産は短いのかも知れませんね(-_-;)。♂は見当たらづ、30分ほどで引き揚げて帰宅。ジャコウアゲハと同じく、あまり好きになれないホソオチョウでした。

DSC_4186 DSC_4230

 

チャマの産地はキレイに草刈りが終わっており、野焼きも済んでいました。土日には9人ものカメラマンで賑わっていて信州大学の先生も来られたとか。農家のおばさんと雑談に状況説明頂きました。

SONY DSC

 

白馬の産地では残雪もほとんどなく、なんと桜が満開!いつもはGW明けでも開花していなかった桜が満開とは。今年は暖かいのだそうです。

DSC_4065