クモマツマキチョウ(北)

2014年5月18日 チョウ友からFBでクモツキの撮影情報が入った。「今年は早いよ!もう出てますよ~!」と写真を見せられたらたまりません。急遽、休日変更で日帰り遠征の決行です。天気は上々!快晴です。現地に8時半到着。気温11度。紹介されたスポットはまだ時間が早いようなので昨年のポイントへ。ここもスミレが全くなく、まだかな~と帰ろうとしたときに河原から飛んできたのはクモツキの♂。目の前に止まったのですが。慌てて撮影!露出オーバー気味でボツ。上流にも発生していました。そして元の場所へ戻ると一人のカメラマン!お話しすると友達の友達!「北信に舞う蝶たちbyH・A」さんでした。その前にもお世話になっている新潟のNさんにも橋の上で再会。思えば今日は日曜日でした。今まで日曜日に遠征した記憶がありませんでした。クモツキはいろんな場所飛びますが、中々撮影できる時間だけ止まってくれません。ハタザオに止まる絵は撮れませんでしたが、お昼頃には気温も上昇しスミレで吸蜜するクモツキを追いかけて息を切らせて撮りました。昨年も今年も、クモツキの撮影は何故こんなに走り回るのでしょうか?交尾寸前の♀も居ましたが不成立でした。大勢のカメラマンで賑わった大町市のクモツキでした。今日の走行距離は850kmでした。

DSC_5009DSC_5147 DSC_5197 DSC_5262 DSC_5398

ここでよく見かけるのがキベリタテハ(シロべりタテハとも呼ばれます)が凛々しく岩の上に止まりました。

DSC_5061