ミドリシジミ(♂)

2014年6月4日 今週は何処へ行こうか思案していたら友人からミドリシジミのお誘いがありました。以前、青森遠征に同行した友人です。平日の天候が良くない悪循環が続いています。早朝に現地入りし、曇り空で心配していましたが、ここのポイントでは他と違い下草に沢山のミドリシジミが下りています。ハンノキは大きな木になり林が年々拡大しているようです。数日前の晴天の時は翅を広げなかったようですが曇り空の今日は良く翅を広げてくれました。ミドリシジミは他のゼフと違って比較的おとなしく下草や木の葉にジッと止まっている事が多いようです。時間帯になるとスイッチが入ったようにテリハリをするジョウザンミドリシジミとは異なります。ハンノキ林の下草を揺らすと一斉にミドリシジミが飛び出すほど数が多く発生していました。そして♂だけではなく♀の4型も全て見る事が出来たのは今年初めてでした。♂と♀が同時に発生しているようでした。カーコさんは手乗りミドリをして楽しんでいました。

DSC_6611DSC_7274

最近癖になりそうなタテ構図です。

DSC_6813 DSC_7360 DSC_7424 DSC_7446

ミドリシジミの数の多さが判るような写真をどうぞ。鈴なりのミドリシジミです。

DSC_7482