ヒオドシチョウ(関西)

2014年6月5日 ヒオドシチョウの翅表はくすんだオレンジ色。和名「ヒオドシチョウ」の名は、戦国時代の武具「緋縅」から付けられた。翅裏はクジャクチョウやルリタテハと同じくクロっぽく木の皮の様な模様です。主な食草はエノキで初夏に発生して冬を越す越冬蝶です。この公園では沢山のヒオドシチョウが飛び回っていました。テングチョウもかなりの数が発生してハエのようでしたが。

DSC_8015 DSC_8034

おや!こんなところで羽化しています? しかし良く見ると翅は乾いていましたが体が全部出られなかったようですね。旨く抜け出せればよいのですが残念ながら手助けは出来ませんね。

DSC_8042