ウスイロヒョウモンモドキ(岡山県)

DSC_9288DSC_9319

2014年6月15日 播磨で早朝のヒロオビを撮影して「翔写真館」のAさんに岡山県のウスイロヒョウモンモドキの情報をお伺いしました。土曜日に観察会が行われたようです。丁度今が旬と言う事で時間もまだ早いので出かけてみました。絶滅危惧Ⅰ類に指定されて、この地のウスイロヒョウモンも保護下にあり、地元の方による保護活動が行われています。初めての場所で近くまで来ているのですが判らずカーコさんが地元の方に訪ねると、非常に親切で発生地までわざわざ案内してくださいました。ご親切にして頂き有難うございました。現地では2名のカメラマンが。お話しするとお一人は何とブログでいつも拝見している「蝶にあそぶ」の方でもうひと方は「和歌山の里山便り」のKanabunさんでした。楽しいお話を聞かせて頂きカーコさんもお友達になりました。これからもよろしくお願いします。交尾個体も居ると教えて頂き、何とか撮影も出来ました。この地のウスイロヒョウモンモドキは2種類の大きさの成虫が存在しました。約半々で小型のウスイロと大型のウスイロです。上2枚は大型の種類でした。

DSC_9921DSC_9679

↓ 交尾前の求愛行動です前が♀で後が♂です。交尾後は上が♀下が♂です。

DSC_9882

 

ウスイロヒョウモンモドキは翅裏の色模様が大変素敵です、非常に沢山のシャッターを切り交尾交代も写せたので引き揚げて、そしてもう一か所のポイントへ移動できる時間が有りそうです。3つ目のポイントには素晴らしい蝶が舞っています。

DSC_9288DSC_9584 DSC_9668