ウラミスジシジミ(岡山県)

DSC_0754

2014年6月21日 早朝からクロミドリシジミのポイントへとやって来ました。少し開けた森の広場の周りにはクヌギやナラガシワ等の大きな木々の森が有りました。ここを竿で叩くとバラバラと蝶が下りてきます。入り口のクヌギからはウラミスジが数頭降りてきました。降りた場所に目印して後で明るくなってきたら開翅を待ちましたがダメでした。この日は天気も悪く日が差すことは有りませんでした。このポイントではクロミドリシジミが多く、ヒロオビ、ウラジロ、ミズイロオナガも交じって降りてきました。そうしていると、この有名ポンとへの来客には網を持った方々も来られますが、私たちカメラマンが先に落とした蝶を取る人は居ませんでした。採集者にとっても、ここは魅力的なポイントのようです。ここで、ある有名な方とお会いできました。「岡山の蝶」の著者である「難波 通孝」氏です。そしてもうひと方は岡山県ゼフィルスの第一人者「小笠原」氏で森のエンターテイナー。カメラはお持ちですが殆ど撮りません。ずっとしゃべり続けて居ました。しかし、話の内容が面白い!!笑てばかりいましたよ。おかげさまで楽しい撮影会でした。

DSC_0621