キリシマミドリシジミ(三重県)

2014年7月21日 梅雨明け宣言が近畿地方に出ました。暑い夏の蝶と言えば「キリシマミドリシジミ」ですが、まだ一度も見た事が無いチョウです。シジミチョウ科ミドリシジミ亜科の日本産ゼフィルス25種を撮り続けてきましたが、キリシマミドリシジミが最後となっていました。今日、撮影できたことでゼフィルス25種完了です。何故最後になったのか?撮影が困難。その一つが鈴鹿山系の山の中に生息し、そこでは山ヒルも生息し血を吸われるのです。こんな場所へは行きたくない(-_-;)。これが一つ理由です。マダニも居ました。私には極悪環境なんです。もう一つは採集者が多くて、写真撮影する前に採られてしまう。そのためには早朝に出かけてキリシマミドリシジミが現れるポイントを先に占有して確保する必要があります。今日はカメラマン総勢9名で撮影ポイントをキープできました。しかし、肝心のキリシマさんが射程距離に現われてくれません。♂が旋回して射程距離に入ったのは1回限り。数十秒で飛び去りました。シャッターは切りましたが頭隠して尻隠さずの画のみ。朝4時過ぎから午後2時までこれ一回のみでした、飛んでいる時の翅色のブルーは素晴らしいですね。そして午後2時にポイントにも日が差さなくなり撤退することに。足取り重く歩き始めたその時、同行の蝶友さんがアカガシの木を叩いていると1頭のメスが飛び出し低い位置に止まりました。9回の裏のクリーンヒットです。皆でこのメスを撮影することが出来ました。本日お会いできた皆さん、本当にありがとうございました。次回は是非開翅写真を撮りたいですね。宿題が残りました。

DSC_3727 DSC_3845 DSC_3848 DSC_3858 DSC_3873