ムラサキツバメ越冬集団

2014年11月15日 「八重山の蝶」は一回お休みして今日のお出かけです。愛知県は知多市にムラサキツバメが集団越冬を形成していると蝶友さんから教えて頂き出かけました。マテバシイの林が近くに沢山あるようです。7時を過ぎる頃から少しづつ日が当たり始めるポイントです。最初に20頭くらいの集団が見つかりました。その後、地元の蝶友さんも来られ30頭以上集団も見れました。数か所に越冬集団が形成させています。こんなに沢山の越冬集団を見るのは初めてです。朝方のムラサキツバメの集団は、みんな体を横にして重なっていましたが、日が当たり気温が上がり出すと体を起こしてきます、そして次から次へ飛び出して行きます。1時間くらい飛び回ったでしょうか。元いた同じ葉っぱに次から次へと戻ってきます。なぜそこが元いた葉っぱだと判るんでしょうか。不思議です。

muratu_ND7_6413 muratu_ND7_6415 muratu_ND7_6435

これだけ集まると少し気味が悪いくらいですね。冬でも日が差すと気温が上がり飛び回るのですね。メスが多いのですがオスも1割くらいは見かけました。

muratu_ND7_6515 muratu_ND7_6553 muratu_ND7_6563 muratu_ND7_6604 muratu_ND7_6618 muratu_ND7_6657

ムラサキシジミも少なかったですが2頭ほど見かけました。キタテハやキタキチョウ、ウラナミシジミも飛び回っていました。

kitateha_ND7_6589 murasaki_ND7_6368 murasaki_ND7_6392