コヒョウモンモドキ

2015年6月27日 アサマシジミの撮影後は、またまた大移動です。次なる目標は「コヒョウモンモドキ」。昨年とは違うポイントで撮影です。長野県には何箇所も発生地があるようです。ポイント近くまで来ると、なんと大きな網が見えます。採集者が何人もいるではありませんか(^ム^)。長野県は採集禁止では。しかし私たちがやってくると何処かえ消えてしまいました。良かった。すると目の前をヒラヒラとコヒョウモンモドキが飛び回りました。昨年のコヒョウモンモドキより色が濃いような気がしますが気のせいでしょうか。まだ綺麗な個体が何頭か追いかけ合いながら飛び交っていました。kohyoumon_D75_4195 kohyoumon_D75_4248 kohyoumon_D75_4300 kohyoumonn_D75_4288この高原では、他にも沢山のチョウが見られました。皆が見つけて駆け寄ったのはスジボソヤマキでした。レモンイエローが綺麗な個体です。sujiboso_D75_4167ヒョウモンチョウも沢山。「クモガタヒョウモン!!」っと誰かが叫びましたが「ウラギンヒョウモン」だったり。誰かがメスグロヒョウモンの交尾を見つけてみんなで撮影。メスグロヒョウモンに出会うのは久しぶりでした。綺麗な雌の別個体も居ましたよ。ほかの蝶は♂が綺麗ですが、メスグロは♀が綺麗なようですが?♂♀がまったく違うチョウのようですね。mesuguro_D75_4370 mesuguro_D75_4405 mesuguro_D75_4409