メスアカミドリシジミ

2015年6月27日 長野県遠征の帰り道にはもう一か所のゼフのポイントがあります。まだ発生が早いかもしれませんが、帰り道なので寄ってみました。最初の沢には何も居ません。次の沢を覗いてみると居ました。1頭のブルーの輝いたゼフが目に入りました。ここは昨年アイノを見ていたポイントだったので、てっきりアイノかと。しかし友人が翌日良く見たらメスアカじゃないですかと言ってくれました。わづかな翅裏写真を確認すると、確かにメスアカのようです。金緑色のメスアカは見ていて飽きませんね。しかし、なかなか近くには止まってくれません。一定の距離を置いてテリハリをしているようです。もうお昼を過ぎていましたが、わづか30分ほどの特別講演を見せてくれました。たった1頭の独演会でした。角度や向きが少し変わると色が変わっていきます。面白いですね。来週あたりが面白くなる時期かもしれません。午前中は同じ場所でジョーザンの卍が見れます。昨年はアイノも卍していました。楽しい場所です。mesuaka_D75_4451 mesuaka_D75_4466 mesuaka_D75_4480 mesuaka_D75_4499 mesuaka_D75_4516 mesuaka_D75_4562

そして最後の寄り道はキマルリでしたが、ここも採集者で一杯でした。高い桜の木の上から降りて来てくれなかったメスのキマルリです。

kimaruri_D75_4566