岡山のハヤシミドリシジミ

2015年7月5日 天気予報が嬉しいほうに外れて青空が出る晴天になりました。初めてやってきた恩原高原はカシワ林がすごい場所でした。標高約800m位の高原でハヤシの発生も今から出だすと言うことで新鮮羽化直の個体が見れそうです。羽化直は下草の草むらに止まっていると言う事で探します。しばらくして足元から少し大きく感じる目の覚めるようなブルーのシジミが飛びました。まさしくハヤシミドリシジミです。慎重に近づきます。まづは横から近づいて撮影します。しかし翅全体の輝きはやはり正面!少しずつ正面に回り込みます。「あっ!飛んだ!」少し焦ったかな。カシワの木の上に上がってしまいました。サイドからの撮影。hayasi_D75_4756少し晴れ間が出てきて日が差すようになっているので飛んでしまうのですね。次は慎重に近づきましょう。しかし、個体数はまだ多くはありません。師匠が2頭目を見つけてくれました。次は慎重に後ろから近づきます。距離50㎝で最初のシャッター。hayasi_D75_4774障害物の無いススキの葉に止まっています。全開です。息を凝らして少しづつ前に回り込んでゆきます。すると翅がプルンと震えました。やばい!と思ったとたん。あああ~!飛んだ。またしてもロストしてしまいました、気温も上がりもう降りてきません。しかし、ブルーの鮮やかな翅色は目に焼き付きました。次回は早朝に勝負すればしっくり撮れると確信しました。時刻は9時を過ぎました。次は恩原高原のウスイロヒョウモンモドキに会いに行きます。