ウラキンシジミ

日本特産種で、本州の日本海側と南北海道、四国・九州の一部に分布。一部の自治体では準絶滅危惧種などに指定されている。ゼフィルスの一員であるが、食樹はブナ類ではなくトネリコ・コバノトネリコ(モクセイ科)。卵で越冬する。翅裏が金色であるため「ウラキン」と名づけられたが、個体による明暗の変異が大きい。金色は通常はオスのほうが暗いとされる。初めて見るウラキンに思わず胸がドキドキしました。

photo01 photo02 photo03