オオゴマシジミ

2015年7月31日 今週の目標は「オオゴマシジミ」。しかし、前情報ではカメラマンも網屋さんも「今年のオオゴマシジミは極めて少ない!」と言う情報。毎年7月末から出だし、8月初旬が最適日となる。今回横浜のTさんがご一緒していただけると言う事で現地合流。登山シーズンで近場の駐車場は早朝(前日?)から満車。仕方なく観光駐車場で8時に入場。すがすがしい朝の空気が肌に心地よく元気に4人が林道を歩き出しました。 hidarimata_D75_7973fuuketu_D75_7974途中には天然のエアコン!が有ります。岩の間から冷気が噴出しているのです。驚きですね!でも天然エアコンは暑い日には快適な憩い場所になります。しかし、気温は時間を追って上昇。日差しもきつくなります。かなりの距離を歩いてきました。お目当てのオオゴマシジミはまだ出現しません。歩きはじめたころに道脇から飛び出したウラキンシジミをみんなで撮影して「今日は幸先が良いね!」なんて言ってましたが、そうなんでしょうか?カーコさんが道端の下草をペンペンしながら歩いていると「出たよ~!」。なんと出ましたオオゴマシジミ。幸先よく撮影!しかし翅が少し欠け。でも良かった!オオゴマシジミが撮れました。そこへもう一頭出没!なんと綺麗な個体!しかし、あえなく飛び去ってロスト。oogoma_D75_8034 oogoma_D75_8047 oogoma_D75_8062 oogoma_D75_8074休憩所で一息いれて、疲れを癒して帰ることにしました。暑さと歩きで、もうこれ以上のオオゴマシジミの捜索は出来ません。またまたワイワイガヤガヤと楽しい会話で帰路へ。行きに見たオオゴマシジミの場所へ来ると、先ほどと同じ個体のオオゴマシジミがいたんです。oogoma_D75_8128確かに翅の欠け方が同じでしたね。そして、またまた別個体も登場してヤイのヤイのしましたが、撮影できたのはこの子だけでした。お見送りしてくれたんでしょうかね(^^)。道中にはコムラサキも遊んでくれました。komurasaki_D75_7991 komurasaki_D75_8098 komurasaki_D75_8107

始めに喜んで出迎えてくれたウラキンシジミです。元気が無い子かと思いきや、一気に飛び去りました。urakin_D75_7967そして、まだ綺麗なお姿のウラゴマも登場です。uragoma_D75_8001楽しいオオゴマシジミ捜索隊も無事に帰還しました。皆さん、大変お疲れ様でした。でも大変楽しいハイキング!ありがとうございました。(今日は足が痛い(-_-;))