リュウキュウウラボシシジミ

2016年5月13日 八重山の二日目は西表島の蝶を予定していました。石垣島港を一番の船で西表島に向かいます。朝7時出航。天気予報は晴れですが少し雲が多そうですね。海は波も無く快適な船旅で、周りの島々を眺めながら40分程で西表島の大原港に到着です。umi_D75_3349ここからは「やまねこレンタカー」を借りました。西表島らしい名前のレンタカー屋さんです。朝一番に向かうのは大富林道です。目的の蝶は「リュウキュウウラボシシジミ」です。林道入口に到着し徒歩で林道を進んで行きます。ootomirinndou_D75_3360第2ゲートを過ぎて林道はやや登り勾配の坂道です。気温は30度近くで非常に蒸し暑さを感じながら汗が滴り落ちてきます。リュウキュウウラボシシジミのポイントは数箇所ある様ですが、一番奥は5kmほど先にある様で、それまでに見れればラッキーと言う事です。林道途中に現れる蝶や虫を撮りながら坂道を進んで行きますが、既に大汗でビショビショ。最初のポイントでは残念ながら見る事が出来ませんでした。急勾配を登り、いよいよ最終の吾妻屋が見えてきました。ootomirindou_D75_3509一番奥のポイントはもうすぐです。蝶案内人の熊谷氏が先頭を切って探索します。そしてその先で「いましたよ〜!」と声が聞こえました。ついに見つけました。2頭が吸蜜していて撮影成功‼️その後も2頭が現れて追いかけあいが始まりました。初めてみるリュウキュウウラボシシジミは清楚な白さで黒点がアクセントとなった可愛い姿をしていました。ryubosi_D75_3524 ryubosi_D75_3528 ryubosi_D75_3534 ryubosi_D75_3578 ryubosi_D75_3612 ryubosi_D75_3650 ryubosi_D75_3672 ryubpsi_D75_3633片道約5kmのジャングルを探検した甲斐がありました。帰りは下り坂で意気揚々と戻りました。(服は汗で全身グショグショ)