フジミドリシジミ 2016

2016年7月2日 いよいよ梅雨も本格的になってきて天気予報は傘マークが並びます。でもじっとしてはいられません。今週も長野県です。早朝から林道を目指します。今にも降ってきそうな空模様ですが、なんとか降らずに済みそうです。7時を過ぎると空も明るくなってきました。林道を歩き始めて1時間。ブナの森が続くポイントです。少し日が差してくると足元でブルーの翅がチラチラ飛びました、久しぶりに見るブルーは鮮やかな驚きのブルーですが、下草に止まってじっとしたまま開きません。一瞬飛ぶ時にだけブルーの翅を見せてくれます。しかし、すぐに飛び去りました。次に日が差した時にもブナの林から降りてきて目線よりやや上で開翅しています。残念、脚立は持って来ていません。その後も数頭飛び出し、メスも一頭出てきました。なかなかオスのブルーの開翅を撮る事は出来ませんでした。残念ですが今回は自分の目に焼き付けて終了です。9時になると皆んなブナの山に帰って行ったようです。相変わらずフジは難しい蝶ですね。また次回の挑戦です。今日の林道は私たちの足の限界を超えたようです。あくる日は二人揃って筋肉痛で歩けません。fuji_0702_D75_1595 fuji_0702_D75_1605 fuji_0702_D75_1613 fuji_0702_D75_1621 fuji_0702_D75_1630 fuji_0702_D75_1643 fuji_0702_D75_1646雨の予報が、晴れ男?のおかげで青空が出ました。otari_0702_D75_1782 rindou_0702D75_1674