アイノミドリシジミ 2016

2016年7月23日 長野県です。ジョウザンの後、蝶友さんがアイノのポイントに入ると電話で教えて頂き、飛んで行きました。飛行機ではありませんが、車を走らせました。山の斜面に朝日が当たり始めるとアイノが卍を始めたそうです。ほどなく私たちも到着して撮影に参加しました。アイノのポイントには滋賀ナンバーと京都ナンバーの先客も居られました。斜面の下草に止まるので下からでは開翅しても見えないし、上からだと蝶の後ろから見るのでメタリックグリーンが光りません。悪戦苦闘しますが何回かは向きも良くアイノカラーが見られるチャンスも増えてきました。卍するアイノの数も多く、見とれている時間も多かったですね。中にはブルーの翅も見えました。ジョウザンがアイノの卍に入ってくる場合もありましたがジョウザンの数は少なく、ほとんどがアイノという素晴らしいポイントでした。こんなに沢山のアイノが飛ぶポイントは次初めてで嬉しくなりました。夢中でシャッターを押している時は気づきませんでしたが、帰ってパソコンで見るとアイノもスレ個体が多く見られました。もう一週間前だったら綺麗な多個体だったかもしれません。また来年が楽しみなポイントを教えて頂きました。蝶友さん、ありがとうございます。aino_0724_D75_4022 aino_0724_D75_4190 aino_0724_D75_4261 aino_0724_D75_4320aino_0724_D75_4130