オオゴマシジミ 2016

2016年8月1日 毎年この時期になると発生が始まるオオゴマシジミですが、今年は先週から数は少ないですが発生が始まっています。早い時期は林道の下の標高の低い場所から先に発生するとか言われています。ここは長野県側の有名産地ですが、今年は林道の入り口から200mほど先で大きな崩落があり、林道がゴッソリ崩れ落ちて無くなっていました。土曜日に一度林道に入る予定をしましたが早朝からの豪雨で中止としました。今日は月曜の平日で帰る日ですが、帰り道でもあるので立ち寄ってみました。平日ですが林道の工事業者も人影なし。もちろん採集者も誰もいません。林道入口付近をしばらく見て回りますが、全く見かけることが出来ません。飛ぶのはサカハチチョウとアサギマダラくらいですね。aboutouge_0801_D75_5289sakahati_0801_D75_5275それから以前よく見かけたカーブの場所に行ってみました。いたっ!!と思ったらジョウザンがまだこの時期でも卍してました。紛らわしいったら、ありゃしない!!jyouzan_0801_D75_5288次にカーコさんがジョウザンではない蝶の卍を発見「いたよ〜!!」私は「それはジョウザンでしょう!!」と少し離れたところから見ていましたが、カーコさんは「いや!違うよオオゴマだよ!!」と言うのでダッシュすると、本当にいました。連写で数枚撮ったら飛び立たれました。しかし綺麗な個体のオスのようです。oogoma_0801_D75_5307 oogoma_0801_D75_5312 しばらく周りを探していると遠い場所でもう一頭のオオゴマと追いかけあいして飛んでいました。止まらないかな〜としばらく追いかけながら見ていると一頭は谷底へ消え、もう一頭はしばらくウロウロ飛んでいましたが、その姿が消えてしまいました。諦めかけていた時カーコさんが「いたよ〜!花に止まってるよ〜!!」と叫びました。すぐ近くの花で吸蜜していたのです。先ほどの個体ではなく少しスレがある個体でしたが、この花が気に入ったのか長時間この花で吸蜜していました。しかし翅は開きません。oogoma_0801_D75_5418 oogoma_0801_D75_5493 oogoma_0801_D75_5545 oogoma_0801_D75_56372年ほどマトモなオオゴマの写真が撮れなかったのですが、今年も数は多くは無いのですがチャンスがありました。採集者の多いポイントですが平日はゆっくり撮れそうですね。