春を求めて

2017年3月18日 春が近くなって来ました。ギフチョウの便りはまだ聞こえて来ませんが、コツバメやミヤマセセリが出たという声が多くなり始めました。大阪近郊では見る事が出来ないので、少し南の方へ走ってみました。里山では日差しが暖かく感じる時間になると一番に現れたのがテングチョウ。普段はシャッタを押す事がないチョウですが、この時期は大歓迎でシャッターを切りました。 やがてテングチョウに混じって青い羽が見えた。越冬ムラサキシジミです。そして待望のコツバメも登場です。飛び出した瞬間の青い翅表は綺麗でした。

新生のベニシジミやスジグロチョウも見れて、一気に春本番でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です