遠征長野県 その1

2017年4月29日 先週から長野県に通い始めましたが週末の天候が良くありません。雨に降られたり昨日の29日は午後から雷雨に見舞われました。まだまだ残雪があちこちで見られる長野県ですがギフチョウやヒメギフがそろそろ出始めている様です。午前中には日差しもあり、コツバメやギフチョウ、ヒメシロを見ることができました。 ここで私の知らなかった不思議発見!カタクリにコツバメが止まるのは偶然止まっただけと思っていましたが、これはコツバメがカタクリの花の裏から吸蜜していると言うことを教えてもらいました。「盗蜜」と言う行為で花の花粉を運んだり受粉したりする行為をしないで蜜だけを「盗む」昆虫の事だそうです。山口先生に教わりました。昆虫と植物の共生と言う世界を垣間見た私でした。コツバメの盗蜜の拡大写真でストローが短いので花びらの隙間から蜜を吸っていますね!さて肝心のヒメギフチョウの撮影が今年はまだ出来ていません。先週は目撃するも、全く止まらず日が陰ると姿を消すと言う惨敗でした。標高の低い場所ではそろそろ発生していますが標高の高い場所ではこれからと言うところでしょうか。明日に期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です