アサマシジミ

2017年7月9日 上諏訪温泉で一泊して今朝は友人と待ち合わせてアサマシジミを探しに出かけました。この場所は標高1400mくらいです。少しスレた♂1、翅欠けの♂1、結構綺麗な♂1を見つけました。♀3はまだどれも綺麗でした。最後に交尾個体も見つかりました。7月はじめ頃からすでに発生していた様です。昨年は発生が早く、この時期にはすでに♂は写真を撮れない状態で♀だけ撮って帰りました。この日は朝早くから日差しが強く暑くて全開翅はしませんでした。♀はわずかな食草のエビラフジで吸蜜していました。しばらく撮影していましたが暑くて1時間もしない内にギブアップしました。しかし、時間がまだ早いのでもう一箇所回ってから帰路につく事にして移動しました。

もう一箇所ではウラキンとミドリシジミに出会いました。ウラキンが2、ミドリシジミが2。ミドリシジミは少し時期はづれですが場所が違えばこの時期でも発生している様です。暑くて全く開こうとはしないミドリシジミでした。
そうしてこれがミドリシジミだとばかり思っていたのですが、なんとカラスシジミの♀の様ですね。ご指摘ありがとうございます。

アサマシジミ” への2件のコメント

  1. 相変わらずお元気で遠征されてる様子、ミドリシジミはカラスシジミでしょう。
    また何処かのフィールドで偶然お会いできるでしょうか。

    • 浅間の煙さん、こんにちは😃
      お身体は大丈夫でしょうか?
      あら〜〜😰 本当にカラスですね〜。貼り間違えかな、訂正致します。ハンノキを叩くと落ちてきたので、てっきりミドリシジミと思い込んでました😓
      今週末は湯の丸高原を予定しております。
      浅間のアサマシジミも見たいのですが、次回挑戦して見ます。
      またお会いした時はよろしくお願いします😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です