ミヤマモンキチョウ

2017年7月15日 ミヤマシロチョウに続き高山チョウのミヤマモンキチョウです。もっとも標高が高い位置にあるとして有名な湿原にミヤマモンキチョウがいます。多様な高山植物が咲き乱れる湿原の一角に食草の「クロマメノキ」があります。その周りに沢山のモンキチョウ(普通種)と混じって準絶滅危惧種のミヤマモンキチョウが飛んでいました。普通のモンキチョウとよく似ていますが翅の周りのピンクの縁取りがなんとも可愛いチョウです。過去何度か訪れている場所ですが、今年のミヤマモンキチョウの数は一番多く発生している年では無いでしょうか。沢山のカメラマンが撮影に来ました。 ネバリノギランで吸蜜するミヤマモンキチョウ♂
メスがクロマメノキに産卵しています。↑

右の翅表が黄色い方が♂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です