アオタテハモドキ 2018

2018年1月2日 石垣島二日目です。快晴です。気温も上昇して体感的には夏です。今日の最高気温は24度。北の半島にやって来ました。スジグロカバマダラが周りで飛ぶ蝶道にアオタテハモドキの♂が現れました。夏にくらべると数は少ないのですが綺麗な個体です。 カラフルな色どりのアオタテハモドキはお気に入りの蝶です。特に♂のブルーはまるでエルメスのスカーフ。この蝶も警戒心が強く、少し近づくとすぐに飛び上がってしまいます。そして決まって止まるのが地面の上というのがこの蝶の定番です。しかし今回は草の上に止まってくれました。翅はきまって開いてとまるので、逆に翅裏を写すのが困難な蝶です。そんな翅裏を写す事が出来たのは下の写真の「交尾」です。上が♀で下が♂でしょうか。翅裏は表と違ってなんとも地味な色合いです。これは蝶全般に言える事ですね。南方の蝶ですが九州や四国で一時的に発生する事もあります。また♀は眼状紋が大きく異常型が多く発生するので撮り比べするのも面白いのですが、今回はそんなに数が多くないので出来ませんでした。
そんな数が少ないアオタテハモドキを撮りながら進んで行きます。次はどんな種類に出会うのでしょうか。