2017 ギフチョウ開幕

2017年4月2日 これまでのギフチョウを撮影した場所は岐阜県、福井県、富山県、新潟県、長野県、愛知県、静岡県、鳥取県、兵庫県です。なぜか石川県がありませんでした。という事で2017年のギフチョウ開幕戦は石川県にしました。初めてのポイントは難しいですね。それにまして今週末の天気の読みは外れてしまいました。金曜日に出陣するも気温が低く日が差さない曇り空で、初日はポイントの下見程度。土曜日の予報は「晴れ」だが、ポイントの場所のみ雲が切れず日が差さず蝶影なし。今回も初戦敗退の予感でしたが日曜日は雲ひとつない快晴の朝を迎えました。しかし朝の気温は6度と冷え込み最高予想気温は11度。しかし日がさせば可能性が高まります。滞在は午前中いっぱいで午後には帰路につかねばなりません。ポイントに9時前に到着するが寒い!昨日見かけたニホンカモシカが朝食中。 近づいても逃げようとしないカモシカさんでした。カタクリ群生地ですがほとんどが蕾。数本の日当たりの良い場所のカタクリが開いていました。スミレも数は少なくショウジョバカマも和束です。10時を回る頃、カーコさんが1頭のギフチョウが横切ったのを目撃しますが追いきれずロスト。少し期待が高まりますが、その後何も出ません。カタクリを撮影に来る人数が増えて来ました。私たちも日当たりの良い数本開いているカタクリの場所へ移動した時、そこで1頭の飛来したギフチョウを発見。慎重に近づくと飛び上がり、なんとオウレンの花に吸蜜!こんな花に蜜はあるのかな?ふじぎな写真が撮れました。なにせカタクリの開花がほとんどない状態です。和束に開いたカタクリにも近づいて来て吸蜜しました。 数少ないショウジョバカマやスミレにもやって来ました。 なんとか撃沈は免れましたが30分ほど今年初の石川県のギフチョウを堪能させてくれました。

カゴのチョウ

2017年3月25日 今週は気温が上がらず朝方は一桁の最低気温。兵庫県の飼育個体のギフチョウが羽化しているかと思い出かけてみました。しかし今年は昨年と違って全く羽化していなかった。こんな時は「そうだ!昆虫館へ行こう!」籠の鳥ならぬ温室のチョウです。蝶を追いかける目を慣らすためにも、少し撮影の練習が必要ですね。相変わらず構図が悪い!角度や光の方向を考えないといけませんね。しかし温室は32度湿度60%。暑い!! マトが大きいと飛びものも撮りやすいな〜。

道後温泉

2017年3月19日 遠出の時は温泉が付きもの。カーコさんとダンナは温泉が大好き。今回も道後温泉です。街並みのスナップ写真。 帰り道はしまなみ海道経由で帰ります。大阪を出て2泊3日のお出かけは1000キロ走はでした。